2007年08月16日

個別指導塾について

 塾には、大きく分けて、大手進学塾に見られるような、大人数での講義型の塾と、個別指導塾とがあります。


 個別指導塾とは、1対1のマンツーマン、もしくはそれに近い少人数で、個々に合わせた指導を行う塾のことです。


 個別指導塾の場合、定期テスト対策など、学校の補習をする場合が多いですが、時には、並行して通っている別の進学塾の補習をする場合もあります。


 多くの個別指導塾には、先生を指名することができるシステムがあり、相性の良い先生を選ぶことができます。


 生徒一人一人のレベルやニーズに合ったカリキュラムで、よく面倒を見てくれるといった点は、個別指導塾の長所と言えるでしょう。


 個別指導塾の難点は、マンツーマンの場合は特に、家庭教師並みに授業料が高いということです。


 どういうタイプの塾が合うかは、人によって全く違います。授業を受ける子供の性格なども考え合わせて、選ぶようにしましょう。

posted by 熱血塾講師 at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 個別指導塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51557875

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。